座喜味城跡 | 沖縄観光サイト
トップのイメージ

座喜味城跡

座喜味城跡

座喜味城跡(ざきみじょうあと)は、那覇空港から車で約1時間の場所にある中頭部の読谷村にあるグスクです。
この座喜味城は、読谷山の按司護佐丸(ごさまる)が築城したとされています。上空から見ると分かるのですが、辺が内側にカーブする多角形のような石垣が特徴的です。その石垣も場所によって積み方が違うところを見ると、戦略的・地形的に・構造的に故意に変更しているのでしょう。それぞれの積み方に技術の高さが見てとれます。また、15世紀に築かれたとは思えない、きっちりとした美しいアーチ門の向こうには沖縄の青く美しい空が見え、印象的です。沖縄戦前には日本軍の砲台、また戦後には米軍のレーダー基地が置かれたため城壁が一部破壊されましたが、修復がされています。

アーチ門

アーチ門

世界遺産の碑

世界遺産の碑

城門

城門

殿舎跡

殿舎跡

15世紀初めに築かれたと言われているグスクの中で演劇などができるくらいに広く、高台からは西側の残波岬や晴れた日には遠く慶良間諸島も見ることができます。

マップ

情報の詳細

住所

沖縄県中頭郡読谷村字座喜味708-6番地

電話番号

098-958-3141

開園時間

いつでも

観覧料

無料

定休日

年中無休

駐車場

無料

HP

http://www.vill.yomitan.okinawa.jp/1/709.html


トップページ沖縄の世界遺産一覧へ


沖楽レンタカー予約サイト

Copyright(c) 沖縄観光サイト All Rights Reserved.