首里城祭 | 沖縄観光サイト
トップのイメージ

首里城祭

首里城祭は10月末から首里城のある首里城公園と、那覇市内の国際通りを舞台に行われる盛大なお祭りです。期間中は琉球王朝時代の栄華が蘇る数々のイベントと、ライトアップされた首里城の素晴らしい姿を楽しむことができます。

首里城祭について

政治と貿易と文化の中心地であった首里城、そこを拠点に栄えた琉球王朝の文化を後世に継承するために開催される祭りには、琉球の伝統芸能と琉球王朝と深い結びつきのあった中国との交流について披露されます。

イベント内容

伝統芸能の宴「かぎやで風」

伝統芸能の宴

無料区域となる首里城公園下之御庭では、琉球王朝が首里城で楽しんだ華やかな衣装や優雅な琉球舞踊や各地の伝統芸能、伝統を守り継承してきた古典音楽などを『伝統芸能の宴』として行われます。


冊封使行列・冊封儀式

冊封使行列・冊封儀式

会場の首里城公園では伝統芸能の「琉球舞踊・組踊」「古典音楽」や、中国との深い結びつきと琉球王朝の繁栄を伺い知ることができる「冊封使行列・冊封儀式」が行われます。冊封儀式では一般公募によって選ばれた国王や王妃の即位式なども行われ盛り上がるイベントとなっています。また別会場となる那覇市の国際通りでは、琉球国王・王妃行列、中国皇帝・冊封使行列、伝統芸能行列を組み合わせた豪華絢爛な大行列が行進します。
冊封とは?
むかしの中国では華のある文化と非文化に分ける思想が定着していて、当時の中国と外交や貿易を行う国々は華の中の一員になることが重要でした。中国皇帝は一員となる国に対して国王として任命することを冊封と呼びました。その使者を冊封使と呼び、中国皇帝と同様に接することで貿易や文化を取り入れることができたのです。
冊封使を国賓として迎え、琉球王国の使者が先導し首里城へ案内する様子を再現したものが冊封使行列であり、国王として任命する冊封儀式も披露されます。同時に儀式の中では、一般応募から選ばれる国王と王妃の披露もイベントして開催されます。

琉球王朝絵巻行列

琉球王朝絵巻行列

観光客や地元客が大勢見物する那覇市の国際通りでは琉球王朝絵巻行列が行われます。行列は総勢1000人の大規模なもので、一般公募で選ばれた国王や王妃、また中国からの使者であった冊封使は当時の衣装を着て行列をおこない、ほかにも琉球の伝統芸能のエイサー隊行列、人気の旗頭は爆竹を鳴らして太くて長い旗棒を掲げて観客の声援を受けて、華やかなイベントとなっています。

万国津梁の灯火

万国津梁の灯火

首里城公園、守礼門前、首里杜館前広場、龍潭周辺では、普段は見られない美しい夜の首里城を『万国津梁の灯火』の幻想的なキャンドルを灯し、県内各地の芸能や特産品を紹介しています。

古式行列

古式行列

首里城正殿前御庭から鳥堀交差点までは、琉球国王が正月3日にお寺に初詣する儀式「国王御三ヶ寺参詣行列」が行われます。沖縄の信仰と王族の文化を知ることができ、3ヶ所のお寺に向かう古式行列を再現した珍しいものです。なお首里城正殿前御庭のみ有料見学となります。

イベントの動画

■国際通りで行われる「琉球王朝絵巻行列」

■首里城で行われる「冊封儀式」 ※音量に注意!

■首里城公園周辺で行われる「古式行列」


トップページ首里城公園首里城年間行事首里城祭首里城見学アドバイス首里城アクセス


沖楽レンタカー予約サイト

Copyright(c) 沖縄観光サイト All Rights Reserved.