年間行事 | 沖縄観光サイト
トップのイメージ

年間行事

首里城では年間を通して様々な行事やイベントが行われます。

新春の宴


元旦から3日間、首里城公園において行われる沖縄ならではの新春行事です。
琉球王朝で行われた朝賀の儀式『朝拝御規式』を再現し、元日と2日の10時から行われます。
3日には古典芸能を中心とした琉球舞踊の『琉球芸能の宴』や『御座楽の演奏』が催され、いにしえの古都を想いおこすイベントとなります。
公園内の御庭では国王と王妃が出御して華を添えます。
振る舞いコーナーにおいて甘酒やお茶のサービスがあり賑やかな新春を迎えることができます。

中秋の宴


旧暦の8月15日の満月の光が届く首里城公園御庭特設ステージで行われる古式ゆかしいお月見のイベントです。
琉球王朝時代に中国皇帝の使者であった冊封使をもてなすために催された冊封七宴のひとつ中秋の宴を再現したものです。
月の出る18:30から行われ、古典舞踊や組踊などが披露されます。
宴の中で一般公募で選ばれる国王・王妃の選出も行なわれます。
10月末からの首里城祭の国王・王妃を、一次審査、二次審査を経た男女各5名から公開選出行う大会は賑わいを見せるイベントです。

首里城 花まつり

1月下旬から2月に首里城において「首里城花まつり」が開催されます。
期間中は約60万本を使用する花人形が展示されます。
往時の琉球王朝の様子を花で再現し、琉球国王の姿、龍やシーサーなどの「琉球王朝花絵巻」は見事なものです。
花でいっぱいの会場を楽しみながら、琉球舞踊や琉球音楽を見ることができます。
またクイズラリーなどのイベントも組まれ楽しい散策ができることでしょう。
夜間にはライトアップされた幻想的な首里城を見ることもできます。

首里城ライトアップ


首里城では毎日日没から午前0時までの夜間に、城郭と外観施設をライトアップさせて浮かび上がらせています。
無料区域からは見ると、綺麗な城郭が浮かび上がり幻想的な雰囲気を楽しむことができます。
奉神門から先の有料区域では、ライトに照らされた正殿などの建物を間近に見ることができます。
ライトで照らされた陰影の建物の見学は、昼間では見ることのできない素敵なものです。
なお、首里城祭の時には万国津梁の灯火と言って、道路の両側に並べられたキャンドルの炎がゆれる道を歩いて登ることができる特別な日となります。

御開門


首里城公園では来園者を迎える「御開門」(うけーじょー)の儀式が行われています。
まず琉球王朝の役人姿の衣装を着た3人の係員が、開門時刻の5分前となる午前8時25分になると門の前に出てきます。
奉神門の前で「ウケージョー」と叫び連続してドラを鳴らします。
この門をくぐると有料区域となりますが、我先に一番早く門を通るために待っていますので貴重な体験になるかもしれません。
門から入ると係員が首里城正殿前(御庭)に案内してくれます。

トップページ首里城公園首里城年間行事首里城祭首里城見学アドバイス首里城アクセス


沖楽レンタカー予約サイト

Copyright(c) 沖縄観光サイト All Rights Reserved.