古宇利島 | 沖縄観光サイト
トップのイメージ

古宇利島

古宇利島

古宇利島(こうりじま)は、那覇空港から車で約2時間30分のところにある東シナ海に浮かぶ離島です。
周囲には他の2島を通じて橋がかかり島に渡ることができます。
島名物の車エビはとれたてを串に刺して焼いて召し上がることができます。沖縄版「アダムとイブ」伝説の場所でもあります。
むかしむかし、この島に空から男女二人の子供が降ってきて、裸のまま天から落ちる餅を食べて暮らしていましたが、そのうちもし餅が降らなくなったら、という不安が生じて以来少しずつ食べ残して貯えをはじめると、餅は降らなってしまいました。それで二人は労働の苦しみを知り、またジュゴンの交尾を見て子孫が増え、それが琉球人の祖となった、というものです。 そんな伝説ののこるロマンティックな島の島民の7割は農業に従事し、日々の暮らしを営んでいます。観光で渡っても、島民の皆さんの暮らしの邪魔にならないよう、素朴な光景の残る美しい島の観光を楽しんでください。

マップ

トップページ離島一覧へ観光スポット一覧へ


沖楽レンタカー予約サイト

Copyright(c) 沖縄観光サイト All Rights Reserved.