美ら海水族館 | 沖縄観光サイト
トップのイメージ

美ら海水族館

美ら海水族館

沖縄の大人気観光スポットは「美ら海水族館」です。美ら海水族館は、那覇空港から84kmの地点にあります。沖縄の観光スポットを巡る際は、まず位置関係を把握することをお勧めします。沖縄本土は面積が広く、移動にけっこう時間がかかります。電車はなく、交通機関があまりいい状況とはいえないため、車をレンタルして観光するのがお勧めです。
そんな美ら海水族館ですが、沖縄本島北西部の本部半島に位置する備瀬崎のすぐ付近となります。ここは国営沖縄記念公園となっており、美ら海水族館は、海洋博覧会地区(別名:海洋博公園)内の中にあります。
美ら海水族館の目玉といえば、なんと言ってもジンベイザメです。水族館でも1番大きな水槽には、捕獲が難しいといわれているジンベイザメが3匹の飼育されています。この試みは世界初の試みであり、水槽の大きさ、水槽のガラスの厚さ等も定評があります。また美ら海水族館といえば、水槽のサイズが大きいことでも有名です。大きさは、なんと横22.5m 縦8,2mほどとなっています。地元のファンも多く、子供がいる家庭では年間パスポートを購入し、たびたび見学に訪れる人も多いそうです。何度みてもみごたいがあると評判の水族館です。
特におすすめは、エサの時間です。水族館の飼育員が、ジンベイザメのいる大型水槽の上部から、それぞれの魚に、マイクで説明を加えながらエサを与えます。獰猛な肉食であるサメに塊の生肉を与えるとき、魚によって欲しいエサが違いますから、ちゃんとサメが食べにきます。また、あの大きなジンベイザメがおとなしくプランクトンしか食べません。飼育員が細かいエサをまくと、ゆらりと水槽の中をジンベイザメが体の向きを翻し、水中にただようエサを水ごと浚うように口中に入れる様子は圧巻。エサをあげながらそれぞれの生態や特徴を説明してくれて、かなり興奮モノの、しかも毎日あるイベントです。

マップ

アクセス:那覇空港から高速道路(豊見城東道路)に入り許田ICで降りる(空港から許田ICまでの所要時間約75分)。許田ICから国道449号線に入り本部町向けに約40分ほど進んだところ。

情報の詳細

住所

沖縄県国頭郡本部町字石川424番地

電話番号

0980-48-3748

営業時間

10月~2月:8時30分~17時30分
3月~9月:8時30分~19時

見学料金

以下参考

定休日

12月の第1水曜日とその翌日(木曜日)

駐車場

あり、無料

HP

http://oki-churaumi.jp/

備考

年に2回以上行く方は年間パスポート(¥3600、大人)が
お得です!

入館料金について

①入館時間:8:30~16:00(通常料金)
大人        1,800円(団体は1,440円)
中人(高校生)   1,200円 (団体は960円)
小人(小・中学生)  600円(団体は480円)
6歳未満        無料
※団体は20名以上からです。

②入館時間:16時~入館締切(4時からチケット)
大人        1,260円
中人(高校生)    840円
小人(小・中学生)  420円
6歳未満        無料

年間パスポート
大人        3,600円
中人(高校生)   2,400円
小人(小・中学生) 1,200円


トップページ沖縄観光スポット一覧


沖楽レンタカー予約サイト

Copyright(c) 沖縄観光サイト All Rights Reserved.