地図を読むより難解な沖縄の地名 | 沖縄観光サイト
トップのイメージ

地図を読むより難解な沖縄の地名

日本国内には珍しい地名や苗字、判読が難解なものも結構あって面白いですが、沖縄に関してはかなりレベルが高いです。

まず、地元の方以外で下記の地名が読めるなら素晴らしいです。
西洲・城辺・東風平・勢理客・仲順・南風見・保栄茂ですが、実はそれぞれ正しい読み方はこうなります。

西洲
いりじま。これは沖縄県浦添市の地名。

城辺
ぐすくべちょう。沖縄県宮古郡に存在していた町。他のエリアと合併して今の宮古島市。

東風平
こちんだ。沖縄本島南部の珍しく海に面していなかった町。合併し現在の八重瀬町(やえせちょうと読む)。

勢理客
じっちゃく。沖縄県浦添市の地名。

仲順
ちゅんじゅん。沖縄県中頭郡北中城村の地名。

南風見
はいみ。西表島の南東部。

保栄茂
びん。沖縄県豊見城市の地名。

ということです。
いかがでしょうか、どれか一つでも読めた方はいるでしょうか。
このほかにもたくさんあります。

こうなりますと、もう音読みや訓読みなど無関係なのはもちろんで、もはや当て字にもなっていないような気がしますよね・・・
当然ながら私も最初は一つも読めなかった、というかカスリもしませんでしたが、
沖縄にいると自然と耳にするので覚えたくなくても覚えます。

沖縄旅行を計画している方はメモしておいたほうがいいですよ!



Copyright(c) 沖縄観光サイト All Rights Reserved.