沖縄の海にいる危険な生物 | 沖縄観光サイト
トップのイメージ

沖縄の海にいる危険な生物

沖縄の海は割と危険な生物が多く存在します。
その代表的な物に海ヘビをあげることができます。
沖縄ではウミヘビをイラブ-と呼び、滋養強壮があるとして薬膳料理に利用します。

沖縄では人気のある料理でス-プの中に入っている小さなウロコのついた真っ黒な生物を確認するとほとんどの方は驚いてしまうでしょう。
ウミヘビはいきなり人間を襲ってくることはまずありえませんが、昼間は岩陰などにひそんでいますので間違って手を出してしまうと噛まれてしまう事があるそうです。
ウミヘビはコブラよりも毒性が強い神経毒を持ち合わせておりもし噛まれたら時間との勝負になるので急いで病院に駆け込むことをおすすめします。

他には沖縄の海はタコ・イソギンチャク・貝類に至るまで毒性を持つ生物が多数存在するのでシュノ-ケリングなどを予定されている方は、
ある程度の知識を得てからいかれる事が良いでしょう。



Copyright(c) 沖縄観光サイト All Rights Reserved.