カラフルな熱帯魚が住む沖縄の海 | 沖縄観光サイト
トップのイメージ

カラフルな熱帯魚が住む沖縄の海

日本は北から南まで周辺を海に囲まれており、各地域により海中には実に多様な生き物が住んでいます。

それにしても、こんなに小さな国なのに北と南では全く種類の異なる魚たちが生息しているのですから、
海の中って本当に不思議ですね。

南国沖縄の海には、それは色鮮やかな熱帯魚が目を楽しませてくれます。
イソギンチャクと共存している「クマノミ」は、可愛くてサンゴ礁の海では人気№1なのだそうです。

黄色と黒の平べったい「チョウチョウウオ」は、対で泳いでることが多いのですが、少し用心深い性格のようです。
他にも、浅瀬で見られるカラフルな小魚たちは、サンゴ礁の海を満喫するには最高の演出をしてくれるようです。

沖縄の海には綺麗な魚たちがいるのに、私の地元の海にはサバやイカ、まぐろにサンマといった食欲を満たすものばかりです。



Copyright(c) 沖縄観光サイト All Rights Reserved.